生徒数激増中!【寝屋川音羽校】!!

こんにちは!寝屋川音羽校教室長の藤村です!!
新規開設から7年目、多くの保護者様・生徒の皆さん・近隣地域の皆様に支えられ、おかげ様で生徒さんの数は右肩上がりです!
今日は、そんな寝屋川音羽校の『生徒の表情・コメント』『保護者様のインタビュー』等々、ご紹介させていただきます!!

CIMG2913
小4ゼミ授業の元気なメンバーです!手に持ってくれているのは、学校のテスト。もちろん100点!100点!100点!
アークでは、学校テストを持ってきてもらい、間違えた所をしっかり分析し、日々の指導に生かしております。
この3人も、その成果で100点を取る回数がドーンと増えました!!笑顔満開!!

CIMG2916
中2ゼミ授業の良きライバル2人組です!手に持ってくれているのは、全国模擬試験の結果。日々刺激し合い競い合っているおかげで、今の段階で第一志望高校合格率80%超え!!
そんな2人のコメントを紹介します。
M.Y君(向かって左):
小5からアークに通っています。2学期末では自己最高の433点が取れ、この模試でも良い結果が出ました!ますますがんばります!!
M.N君(向かって右):
兄が通っていたので昨年アークに入りました。入った途端、2回のテストで合計128点(5科目)もアップしました!高校も、最初は違う志望だったけど、高い目標に変えることができました。M.Y君に負けないぞ!!

CIMG2920
何やら緊張感漂う写真?!それもそのはず、まさに受験目前中3ゼミのひとコマです。今は入試過去問題にトライ中。
アークでは、独自の豊富な入試データを基に、生徒全員が本番で緊張せず問題に取り組み実力を発揮できるよう、普段の授業から過去問題を使って練成を重ねています。そこが、『受験に強いアーク!』たる所以です!!

CIMG2921
こちらは全国模擬試験で、理科偏差値68に大幅アップした、小5のS.T君です。入会してわずか半年足らずですが、塾にも慣れて思う存分に実力発揮してくれています!伊藤先生とパチリ!!
そんなS.T君のコメントを紹介:
いつも楽しく教えてくれる先生のおかげで、理科が好きになったし、成績も上がってうれしいです。次の目標は、理科偏差値70です。絶対達成するぞ!!

CIMG2930
こちらは前回の音羽校でも登場してくれた、小5のS.K君です。
1月の全国模擬試験でも、算数偏差値72、国語64、を叩き出し、2015年も順調な滑り出し!
そんなS.K君のコメントを紹介:
今回は算数と国語の2教科偏差値71だったので、とてもうれしい!6年生になっても、算数の満点と4教科偏差値70以上を目指して、藤村先生とがんばります!!

そしてそして、今回は、S.K君の保護者様に突撃インタビューしました!
以下に紹介します!(Q:藤村 A:保護者様)

Q:約1年前のご入会でしたが、なぜアークを選ばれましたか?
A:家から近い塾を探していたところ、新聞折込みチラシを見て、6色マーカー学習法に興味を持ったからです。

Q:お問合せ時のアークの最初の印象をお聞かせ下さい。
A:初めて話を聞きに行った時、『おまかせできるのはこの先生だ!』と思いました。

Q:入会されてから、K君の変化はありましたか?
A:それまで家では私たちが協力して宿題や勉強をしていたのが、一人でできるようになった。

Q:アークにして良かった点は?
A:駸々堂模試や全国模試に向けて、「やる気」をもって先生と頑張るようになりました。

Q:アークにして悪かった点、または注文は?
A:注文ですが、入試に向けて、本人の「やる気」継続+アップ、をお願いします。

Q:このブログをお読みになっている、今後入会をご検討中の保護者様に、ひと言お願いします。
A:楽しく先生と勉強できる塾が一番です。6色マーカー学習法も自然に身に付き効果大です。

以上、S.K君保護者様へのインタビューでした。
身に余るお言葉をいただき、恐縮するばかりです。と同時に、お寄せいただいている期待の大きさをひしひしと感じます。
その期待に、必ず応えられるよう、今後も精一杯指導させていただきます!!

——————————————————————————————————————–

木曜ゼミ授業の様子

IMG_0283 (2)

理科の授業はメモリースターを使った解説。

暗記が苦手な生徒も、メモリースターで関連付けて覚えればバッチリ!

IMG_0284 (2)

語呂合わせでの覚え方も紹介!

IMG_0279 (2)

《頭脳が持つ物語の力》
「何かを伝える」、ってなかなか難しいですね。
伝えるだけでなく、それをきちんと覚えて貰って、更に子孫に受け継いでほしいとしたとき、何か良い方法がないか?
人類の歴史の中で、その方法が「物語」だったんですね。

私達も授業をするとき、「教えた内容がテストで思い出せて得点」できてはじめて,「指導」と呼べる物になると考えています。 ただ授業で教えて終わりなら、それは単なる説明であって、指導とは呼べない、と常日頃考えています。

そこで注目したのが、頭脳が元々持つ「物語の力」です!
頭脳は元々、生き残るのに有利なものとして試行錯誤の中で作り出したものです。それが今も私達の体に残っていると言うことは、ダーウィンの進化論を持ち出すまでもなく要するに「スゴイ力」があるとの証拠です。

物語は、様々な要素がまとまって一つになっているのですが、スマホの説明書とかとは違って、その要素同士の関係がすっごく強いんですね。
ですから、『一つの要素が思い出せると全体が思い出せる』という凄いことができます。
例えば、映画や小説である一部分が思い出せると、最初はこんな始まりでクライマックスはこうなって、終わりは・・・と説明できますよね。
こういう生徒達がお父さんお母さんから貰った脳力を引き出して成績UPにつなげるのが、《6色マーカー学習法》です。

今回の理科では、星の一番上から

マグマ(地下にある)
→噴火(マグマだまりから噴き出る)
→火成岩(外に出たマグマが冷え固まり、固まり方によって次の②種類の岩石ができる)

→火成岩(噴火によって大気等に触れ急速に冷え固まる)
→深成岩(噴火せずに火山内部でゆっくり固まる)

という感じです。それぞれ5つのテーマに更にショートストーリーを割り当て、記憶が定着するように工夫しています。

IMG_0280 (2)

これで一度やれば完全に記憶できるわけではありません。しかし、こうした勉強技術を教えてもらった生徒と、説明レベルの授業を聞いて後は自分で勉強技術を編み出して覚えなければならない生徒間では、実は大きな差がでてきます。

《学力の差って何?》
と聞かれれば、脳科学や認知科学を学んだ経験から言えば、「自分の能力をいかに引き出すか、そういう方法論を身につけているかどうか」というのが正しい答えに思います。
能力に多少の差はあっても、学校テストで50点と100点で2倍の能力差があるかと言えば、「ほとんどない」が正解です。
中学程度の勉強で、80点、90点をとる能力が無い生徒は、何かの病気を抱えているのでなければ、あり得ない話です!

CIMG2918

みんな真剣に勉強しています。

——————————————————————————————————————–

寝屋川音羽校ブログ、いかがだったでしょうか?
また次回掲載に向け、生徒の皆さんと一緒に、日々頑張っていきたいと思います。
こんな寝屋川音羽校にご興味を持たれたら、いつでもどこでもお電話下さい!!

☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★

説明会、体験レッスンも随時受け付けております。 興味のある方は一度お越しください。

寝屋川音羽校 072-838-2925

_r2_c1 phon-2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>