楽しく学んで成績アップ!合格者も笑顔でいっぱい!【枚方公園校】

新学期に向けてレイアウトを変更した枚方公園校です。

h2 (2)

h2 (4)

ゼミ授業を行うスペースです。白板を用いて指導しています。

h2 (6)

説明会を行うスペースからの景色です。良い景色でしょ?春になれば桜も見れるかも?

h2 (9)

広い部屋を有効活用できるようにしました。

h2 (5)

こちらは自習スペースになっています。中学生・小学生問わずどんどん利用してください。全体を見渡せますので自習にきて遊んでいることもありません。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 合格コメント h2 (23)

無事合格のI.Yさん。ラストスパート頑張りましたね。 「無事合格できました。苦手な数学も入試前には解ける問題も増え自信を持って臨めました。」

h2 (44)

東海大附属仰星高校合格のM.Mさん。「仰星が第一希望でずっと頑張ってきたので合格できてよかったです。」

h2 (46)

恥ずかしがり屋のM.Yさんの代役です。コメント「私立に受かってとてもうれしいけど、本番は公立なので、公立に受かるようにこれからも頑張っていきたいです!」

h2 (47)

T.Kくん 私立合格おめでとう!公立後期に向けて頑張ろう! コメント 「合格できて一安心です。これから公立後期までのラストスパートを気を緩めず頑張っていきます!」

================================== h2 (12)

小学二年生の女の子O.Yさんの国語です。マーキングを一生懸命しているでしょ?どんどんマーキングをして問題を解いています。誰が? どこで? いつ? どうした? マーキングをすることで記憶に残り設問で聞かれても大丈夫

h2 (14)

小学二年生O.Yさん 色とりどりでいいですね。間違えた問題のヒントになる部分はピンクで h2 (16)

グループ個別最初のターム指導中です。  先生の写真は四月から中学三年生のT.Tくんが撮影しました。恥ずかしがり屋のスポーツ少年。高校はどのに行くのかな?

h2 (21)

六年生のF.N君国語の問題です。マーキング出来ていますね。

h2 (22)

中学二年生のT.T君は学校の問題集にもマーキング。わからない問題はグループ個別で指導しています。

h2 (26)

グループ個別夜の部。中学生が黙々と勉強しています。この時期はテストに向けてわからない問題を質問する生徒が多いです。グループ個別なら遠慮なく質問できるので、学校の問題の悩みも解決!

h2 (27)

ハロゲンヒーター大好きなS.Rさん個別が終わっても自習も頑張る努力家です。英検も頑張ろうね。

h2 (28)

忘れている英単語を書き出して練習中

h2 (29)

中学二年生のY.Hさん 主語と動詞のマーキングばっちりですね。 h2 (32)

中1のゼミ風景です。ゼミ授業でもテストへ向けての対策を行っています。もくもくと勉強しています。

h2 (34)

中学一年生のT.Rくん。最近はやる気出てきたのかな?テストも前回より良い結果になりそうだね。

=====================================

数学的解法を用いて六年生の算数の問題を解いています。文章問題を考える方法は小学生から高校生まで基本的に同じです。四つのステップを踏み、問題に取り掛かれば必ず解けるようになります。

h2 (48)

①図を中心とした問題整理→言葉で書かれた問題情報をイメージ情報に変換・加工することで直感に導く
②定理・公式・言葉の式→論理的思考を使って解答を考える
③立式→言葉の式に数字を当てはめる
④工夫して計算→イメージ化、スラッシュ分割、ライン化、縦書き計算

①②を飛ばして文章問題を解く生徒が多く、文章問題が嫌い、答えあわせで「外れた」という宝くじのような答えになります。もっとも重要なのことは問題情報を図を使って整理することを習慣化づけることです。①が出来れば②③④まで流れ作業のように進みます。

h2 (49)

具体的にわかる本数で考えるようにすれば図を描く時にも無理なく考えることができるはず。

h2 (50)

四つのステップを習慣づけることで高校入試に役立つ考え方が身につきます。 工夫して計算することを覚えればミスも少なくなり、確認作業もきちんと行えます。

☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★▼■○×☆△★

説明会、体験レッスンも随時受け付けております。 興味のある方は一度お越しください。

枚方公園校 072-843-5558

_r2_c1 phon-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>