寝屋川音羽校 生徒紹介!!

駸々堂模試(小5)優秀者コメント

DSC01166

小5(中受)(S.Kくん)

4科SS68、全国36位。

算数SS72、国語SS62、

社会SS61、理科SS56

 コメント

「4科で全国36位、算数が偏差値72、とてもうれしいです!!

トータルコースでたくさんアークにかよって、宿題も多い中、がんばった成果が出た!!

これからもっとがんばって、次回は10位以内目指します!!!」

DSC01195

教室長からのコメント

・どのように成績を上げたのか→マーキング徹底

(前の塾では無かった!と本人は大のお気に入り)

・普段の授業態度→トータルコースで日数・時間も多いが、「アーク楽しい!」と無遅刻無欠席!!

・勉強に対する姿勢や方法→

『数学的解法』『国語マーキング』で、集中力がどんどんアップしている。

授業終了チャイムが鳴っても気付かないくらいの集中力。

DSC01170

中2 M君(中間で初の400点オーバー)

・どのように成績を上げたのか→中2になって苦手な理社増やした事により大幅アップ(理科20点アップ、社会14点アップ、5科400点オーバー)。メモリースターにハマッている!

・普段の授業態度→お兄さん(現在大学2年)も大学受験までアークにかよっていた。兄弟揃って真面目でコツコツ、自習にも来て頑張り屋。

・勉強に対する姿勢や方法→バスケ強豪チームの主力選手としてハードな練習こなしながら、宿題忘れもなく、しんどい顔見せず、5科目の長時間ゼミがんばっている!140614_1722~02

それが少し大きくなると、犬でも「ダックスフンド」「ブルドッグ」、車でも「消防車」「スポーツカー」等と、自然に細かく分類して表現するようになります。要するに頭脳にとって、「大まかなもの」を先に覚え、次にその知識やイメージを更に細かく分類していく「覚え方」のほうが理に叶っているのです。記憶って、こんな感じで作られます ○ 子ども達が最初に覚える言葉、例えば「いぬ(ワンワン)」「くるま(ブーブー)」があります。犬にも車にも、大小様々,色も形も違いますが、全部「いぬ(ワンワン)」「くるま(ブーブー)」でひとまとまりにします。 ○ メモリースターでは、 1 そのテーマでキーワードになる5つの語句を、スターの頂点に決める! 2 その5つのキーワードで「ストーリー」を作る ※ココ重要! 3 学習を深める中で、細部を追記 ○ 記憶のコツは 〈2 その5つのキーワードで「ストーリー」を作る〉 です   記憶の中でも「シナリオ記憶」は非常に強い! 進化の過程で、物語でいろいろ伝えることは重要な生き残り戦略、だったんです。頭脳には特に物語を深く記憶しようとする性質があるのです。 このように 頭脳が持っている性質のそった形で勉強するのが《6色マーカー学習法 メモリースター》です!

小学英語紹介!!

英語で算数。四則計算を英語できるよ。「縦横斜めの全て全部一緒になるように、9個のますに1~9までの数字を入れなさい。」解けた!

DSC01192

● 「英語で算数」  英語は小学校でもどんどんカリキュラムに組み込まれる傾向にあります。中学ではテストの「設問も英語」になる予定で、高校では英語の授業は英語でという時代です。 ○ 「臨界期」というのが脳科学でわかっています。英語をネイティブとするには 7才ぐらいまでに「英語漬けにの環境」が必要とされ、英語を自由に操るレベルになるには11,12才が臨海期とも言われています。  ※ 臨海期とは、生まれたときに持っていた神経回路の内、使わない神経が消えていくタイムリミットの時期のことです ○ 小学校ではイマージョン教育と言い,上記のような英語環境を作ることで、英語力をつけようとしていますが、カリキュラムを見ると時間が短く無理があります。 ○ そこでアーク進学会では 「スピーキング+リスニング」を狙った 英語クラスを企画します。    《夏ベン》に案内しますので、ご検討ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>